みらいテックラボ

音声・画像認識や機械学習など, 管理人が興味のある技術の紹介や実際にトライしてみた様子などメモしていく.

「PythonユーザのためのJupyter[実践]入門」の紹介

PythonやJupyter Notebookを使い始めて1年ちょい.
といっても, 日常的にデータ分析などを行っているわけではなく, たまにDeep Learningなどを試すのに使う程度.

Jupyter Notebookを使いこなしているというにはほど遠いので, 少しでも便利な使い方が身に付けばとこの書籍を購入してみた.

  目 次
第1章 Jupyter Notebookを導入しよう
第2章 Jupyter Notebookの操作を学ぼう
第3章 pandasでデータを処理しよう
第4章 Matplotlibでグラフを描画しよう
第5章 Matplotlibを使いこなそう
第6章 Bokehでグラフを描画しよう
第7章 Bokehを使いこなそう
第8章 Jupyter Notobookをカスタマイズしよう
第9章 クラウド上でJupyter Notebookを使おう
第10章 Jupyter NotebookでRubyとRを使おう

目次からもわかるように, Jupyter Notebookについては最初で導入と操作が, 最後にカスタマイズやクラウド上での使用方法などが書かれており, メインはpandasによるデータ処理や可視化, Matplotlib/Bokehによるデータの可視化である.

個人的には, Jupyter Notebookのキーボードショートカット, チェックポイント, マジックコマンドの解説や, Matplotlibを使った各種グラフの描画などは, 今後Jupyter Notebookを使う上で役立ちそうな内容であった.
Bokehはこれまで使ったことがなかったので, 今後機会があれば試してみようと思う.

Jupyter Notebookの使い方をしっかりと理解したい方や, データ分析等でデータ可視化が必要な方にはおススメしたい一冊です.

----


PythonユーザのためのJupyter[実践]入門

PythonユーザのためのJupyter[実践]入門



Pythonによるデータ分析入門 ―NumPy、pandasを使ったデータ処理

Pythonによるデータ分析入門 ―NumPy、pandasを使ったデータ処理